【投資会社】Allan investment company

  • 2021年7月15日
  • 2021年7月15日
  • PROJECT

今度は”投資会社の発行するトークンの情報”です!

フィリピンの投資会社『Allan investment company』が、トークンを発行します。

医療や産業に関係するプロジェクトではなく、投資会社のトークンというのが今までのプロジェクトとは違うところですね。

1つの情報として受け取ってください。

Allan investment companyについて

Allan investment companyは1998年からフィリピンに拠点を置く投資会社で、日本で言うソフトバンクグループに似ている会社です。

親会社は南アフリカに本社を置いているファイブスター投資マネージャーを複数抱える会社です。

https://www.allangray.co.za/#1

Allan investmant companyは2022年8月にフィリピン株式市場に上場が決まっています。フィリピン政府発行の仮想通貨ライセンスは2019年取得済みです。

・・という会社です。

以下はホワイトペーパーの情報を元に記述しています。けっこう強気な文章ですが、僕が分析してゴリ推ししているのではありません。

フィリピン政府とAllan investment companyの関係について

Allan investment companyの支店はカガヤン経済特区(CEZA)に拠点を置いています。

フィリピンに拠点を置いた企業に対して、フィリピン政府が仮想通貨ライセンスを発行したのはAllan investment companyが2社目です。

フィリピンにおける仮想通貨ライセンス発行は、外資企業を招致することを目的にしており、国内企業に発行することは異例です。その過程から政府が期待していることは間違いないでしょう。

Allan investment companyとは

Allan investment companyは世界中の株式及び為替に対して、投資を代理で行っている会社です。

顧客から預かった資産を世界中の市場に投資しています。代表的なのはNY証券取引所や上海証券取引所、ユーロネクスト市場です。

為替は買いと売り両方取引を行っています。また成長が著しい東南アジア市場にも投資しています。

顧客への還元率

顧客から預かった資産を投資マネージャーが世界中で取引を行いますが、その利益のほとんどを顧客に還元しています。

直近1年では顧客が預けた資産に対し、35%の還元を行っています。会社の利益は別に発生しており、極めて高い利率です。

ここ5年を見てみても、最低でも8%の還元を顧客に行っており、堅実に利益を上げていると言えます。

会社の資産と高金利の収益(プール金)

会社の資産も順調に伸びており、投資をすればするほど利益を出しています。

そこでAllanは流動性を担保するために「Pool」という仕組みを採用することで、顧客の資産運用を安全に行えるように根本的な問題の解決に成功しました。

いわゆるDefi銘柄+投資の資金の分配がもらえる次世代ハイブリッド通貨になります。

Defi銘柄の弱点と対策

主なDexの取引所としてCompound、Uniswap、PancakeSwapがありますが、Allanの強みは仮想通貨ライセンスを政府から発行済みなことです。

自社で取引所制作を行い、それに伴う価格上昇を見込めることです。

価格高騰の約束

価格高騰の仕組みの1つがDefiの仕組みなのですが、さらにICOで集めたお金をAllanは世界中に投資をお粉、毎月の利益でAllanの通貨を買い上げます。

そうすることにより、毎月決まった日に価格が上昇していく仕組みになっています。

株式市場上場

Allan investment companyの株式上場が2022年にフィリピンで行われます。

現在はフィリピン証券取引所と調整中でAllanトークンが活性化する要因の1つであり、価格上昇が約束されているでしょう。

Allan法人概要

Allanトークン概要

トークン名 Allan
トークンシンボル Allan
ブロックチェーン ERC20
Dec 18
プルーフタイプ Proof of Work(PoW)
アルゴリズム ETHASH
ブロックチェーン生成平均時間 15~17秒
総発行枚数 50,000,000枚
コントラクトアドレス 0x092983894ce01e70c2968bc414fdf900cf74ff18

Allan購入方法

Allanの購入方法をまとめます。

①取引所、販売所で必要数のBTC/ETH/USDTを購入。
②ホームページにアクセス
③ホームページの【BuyToken】をクリック
④送金する仮想通貨の入金をクリック
⑤BTC/ETH/USDTのウォレットアドレスに送金
⑥E-mailアドレス/トランザクションID/購入枚数/受取ERCアドレスを記載
⑦1週間以内に自動でトークンが配布
受取ERCアドレスについては次のAllan受取方法で解説します。

Allan受取方法

Allanの受取方法をまとめます。

①ウォレットをダウンロード(持っていない人は)
・MyEtherWallet
・METAMASK
など

②カスタムトークンを追加
Dec:18
トークン名:Allan
コントラクトアドレス:0x092983894ce01e70c2968bc414fdf900cf74ff18

③上記までが終わると受取アドレスが出来上がります。これが購入時の「受取ERCアドレス」になります。

④購入後、このウォレットにトークンが配布されます。

購入ボーナス

上場前の販売として購入ボーナスが+10%付きます。

ボーナス+10%のメリット

顧客への還元率が年利8%~35%あります。

自社Defi Exchangeを作成するので、その分のトークンが自動的に配布される。

3カ月~4カ月に1度、Allanの自社買い上げを行うため、10%でも多く持っていた方が利益を取りやすい。

ロードマップ

まとめ

投資会社の発行するトークンというのが面白いですね。

かなり強気なホワイトペーパーでした。

ブログで紹介している=「いい投資案件」というのではなく、あくまでも1つの情報として受け取ってください。

またご自身でも調べてみることをオススメします!!

ETHスキャンを見たところ、Allanのトークンはすでに完成しているのがわかります。

今後の動向も追っていきたいと思います!!

ではではーーーーー

評価 (5 / 1)
最新情報をチェックしよう!

口コミを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of